So-net無料ブログ作成
検索選択
テレビ ブログトップ

フジテレビが誤報連発?崩壊する制作現場の実態 [テレビ]

40409a86b0acb3d5f748af77ddcf4effb6dadd49_w=666_h=329_t=r_hs=cec6afc3c1c03badbb6fc9b0abb72b04.jpg
かつての栄華も今や昔──視聴率下落が止まらず、2015年には開局以来始めての営業赤字に陥ったフジテレビ。今年に入ってからは、視聴率どころか、番組制作能力さえも疑わざるえない事案が相次いで起きている。局員がため息混じりに語る。

「通常ではあり得ないミスが続いています。1月28日放送の『ヒデ&ジュニアのニッポン超安全サミット』では、ネットから拾った日本地図を使用して謝罪するハメになりました。四国がオーストラリア大陸になった日本地図を使ったんですから、言い訳もできない。また、2月27日放送の『めちゃ2イケてるッ!』スペシャルでは、“三ちゃん”こと三中元克のレギュラー存続を賭けた国民投票が終わる前に、番組ホームページで『三ちゃん不合格残念会』のバナーが表示されてしまった。番組制作スタッフとWebチームの連携不足もさることながら、これではヤラセが疑われても仕方ない」

 バラエティ番組だけでなく、報道番組でも立て続けにミスを連発している。

 2月22日の『FNNスピーク』にて、「殺鼠剤(さっそざい)」を「ネズミ駆除の殺ちゅう剤」とテロップ表記。2月21日の『みんなのニュース』では「六代目山口組」の最高幹部逮捕を伝えるニュースの最中に清原容疑者の映像を間違って流してしまい、伊藤利尋アナウンサーが謝罪する始末。いずれも凡ミスだが、報道であってはならないことが立て続けに起きているのだ。

「ダメ押しが、『めざましテレビ』ですね。ゲームイベントの取材中、一般人と間違えてSONYのSCEワールドワイド・スタジオ代表の吉田修平氏をインタビュー。ゲーム業界の重要人物を一般人扱いしたこの放送は海外でも話題となり、世界から嘲笑を浴びました」(前出の局員)

■過剰な経費削減が原因?

 立て続けに起こるミスの原因は、何かあるのか。番組関係者に聞くと、まず理由に挙がるのが過剰な経費節減だ。

「フジは視聴率低下に伴い、過度な経費削減をしています。社員のコピー代、駐車場代だけでなく、出張費がかかる地方取材の禁止、通訳は専門家ではなく学生バイトを使ったりもする。下請けの制作会社には安いギャラで無茶な要求をするようになっている。昨年12月には、『Mr.サンデー』など、主にフジに報道やドキュメンタリーを制作していた制作会社・株式会社こころが破産開始決定を受けました。ギャラは下がる一方で、企画や制作は丸投げされるため、フジテレビを主要取引先から外す制作会社も出てきています」

 経費削減に伴うスタッフの士気の低下、番組制作の土台となる制作会社は逃亡。仕事量は増える一方で、現場からは断末魔に近い悲鳴が上がっている。これでは細かいチェックに気が回らないのもわからなくはない。

 さらにフジテレビは、人材でも問題を抱えている。

 コネ入社が多いテレビ業界の中でもフジは特に多く、「全盛期は社員の1/3ほどがコネ入社だった」とさえ言われている。それが現場の人事にも悪影響を与えている。その一例が、3月1日付で発表されたA女史の人事だ。

「彼女は『ホンマでっか!?TV』『アウト×デラックス』『さんまのお笑い向上委員会』などを仕切る、バラエティ班で数少ない結果を出していた人材でしたが、管理職に異動になります。後任は経験の少ない若手女性社員。現場からは『なぜ?』と不満が出ている。この不可解な人事を断行したのがコネ入社で現在も強いコネを持つB氏です。実績もない彼女を抜擢したB氏の“おもいつき人事”に、いままで必死にやってきたスタッフはやる気をなくしている。経験が少ない人間が現場を仕切ってもうまく回るはずはなく、番組の質は低下する一方です」(前出の局員)

 4月末で退社する加藤綾子アナウンサーも、フジの待遇に嫌気がさしてと噂される。会社の基盤となる人材に深い闇を抱えるフジテレビ。今のフジに必要なのは、経費削減や視聴者を引きつける面白い番組ではなく、番組制作に関わる人間への配慮ではないだろうか。







記事元
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160308-56487171-dailynewsq

低迷『めちゃイケ』継続に視聴者ボー然! フジテレビが“お荷物番組”を継続させる真の理由とは [テレビ]

16a55f8f12fe6e0ae9bab60ace7ebf30685a903f_w=666_h=329_t=r_hs=f77dc597b088115bb507c395f9e4a876.jpg
 フジテレビが7日、都内のホテルで4月改編記者発表を開催した。最近は人気番組の“打ち切り説”が頻繁に出ていたフジだけに、発表には大きな注目が集まってはいたのだが……。

 昼の時間帯で長く放送された『ライオンのごきげんよう』や昼ドラを終了させる一方、ゴールデン・プライム帯のバラエティ番組は“継続”が決定したようだ。そしてその中にこそ、長く「打ち切り」が叫ばれていた番組が多数存在する。

 お笑いコンビ・ナインティナインがMCを務める『めちゃ×2イケてるッ!』は、数年前から長らく視聴率が低迷。最近ではレギュラー存続を決める“視聴者投票”により、唯一の素人レギュラーだった三中元克が不合格となり「卒業」したが、世間からは「公開処刑」と非難を浴びるなど、番組自体の印象も下降の一途をたどっている様子。打ち切りにはちょうどいいタイミングだったが、継続となった。

 同じく、お笑いコンビ・とんねるずがMCを務める『とんねるずのみなさんのおかげでした』も継続が決定。「食わず嫌い王決定戦」「モジモジくん」「男気ジャンケン大人買いの旅」などの企画で人気番組として定着しているものの、最近はマンネリ化で打ち切られる可能性が指摘されていた。特に木梨憲武が番組に対して明らかにやる気がなく「いい加減引っ込め」という声も多かったのだが……。

 さらに、解散騒動で日本中に衝撃を走らせ、「生謝罪」も賛否を呼んだアイドルグループ・SMAPが唯一全員揃う『SMAP×SMAP』も継続が確定。プロデューサーが更迭されて打ち切りなどという情報も流れていたが、こちらも変化なしとなった。

『スマスマ』に関しては「よかった」「ホッとした」という声も一部あったが、他番組の継続、特に『めちゃイケ』には辛らつな意見が大半。「めちゃイケは一度解体しろ」「一つも面白くない」「子どもの遊びみたいだし、金と電波のムダ」など容赦がない。

 視聴率が1ケタ前半に沈む週もある『めちゃイケ』は、制作側から見ても「限界」と映るのではないか。今回の“継続決定”の核心はどこにあるのだろうか。

「低迷する番組をやめるにしても、今のフジには“次の一手”がまったくない状況ということではないでしょうか。実際、『笑っていいとも!』の後番組である『バイキング』は散々な視聴率と評判ですからね。同じテツを踏むくらいなら、ネームバリューも実績もある現在の番組を継続させるほうが“無難”と判断したのでしょう。消極的な選択というよりは、それ以外に道がないというほうが正しいのかもしれません」(芸能記者)

 民放キー局の中でもとりわけ「コネ入社」が多いとされるフジテレビ。親などの名前だけで入社した社員にクリエイティブな仕事ができるのかは、はなはだ疑問ではある。いずれにせよ、当分フジは迷路から抜け出せそうにないようだ。







記事元
http://dailynewsonline.jp/article/1099883/

NHKで民放アニメを再放送する狙いとは? 『ラブライブ!』『進撃の巨人』など… [テレビ]

1月よりNHK・Eテレで『ラブライブ!』、BSプレミアム(BSP)で『進撃の巨人』が放送されている。どちらも民放で放送され、社会現象になった作品。BSPでは4月から『美少女戦士セーラームーンR』、『けいおん!』の放送も控えている。ネット上では「オタクから受信料欲しいのか?」「NHKはどこへ向かっているんだ?」といったさまざまな反応が見られた。なぜ、NHKで民放アニメを再放送するのか?

3月のBSプレミアムでは新海誠監督の作品を3本放送

 同局の回答は「いままであまりNHKに接触していない方に、アニメをきかっけにチャンネルを合わせていただき、アニメ自体を楽しんでいただきたいのはもちろん、『NHKではこんな番組もやっているのか』といった気づきにつながればいいなと思っています」。

 Eテレ担当の榎本幸一郎氏(編成局編成センター副部長)は「アニメに限らず世の中が欲している優秀なコンテンツを全国に提供していくのも公共放送の役割の一つだと思っています。自局で制作して、発信していくのが第一ですが、BBCのドキュメンタリーだったり、韓国ドラマだったり、海外のコンテンツも含め、あらゆるもの取り寄せて国内に紹介する、アニメもそういったものの一つです」と、答えとしては面白くないが、一理ある。

 一方で、SNSの普及によって興味関心が顕在化し、冒頭のような書き込みなどでさらに注目されるようになり、「いまやアニメは、アニメが好きな人たちだけの関心事ではなくなっていますよね。








あらゆるコンテンツの中の一ジャンルではあるけれど、アニメの存在感、重要性は高まっている気がします」とも話していた。

 どちらかといえば、NHKは昔からアニメーションへの意欲が強く、『みんなのうた』や『プチプチ・アニメ』『おしりかじり虫』といったミニ番組から、『未来少年コナン』『ふしぎの海のナディア』『メジャー』『ログ・ホライズン』『山賊の娘ローニャ』などのテレビアニメシリーズも数多く制作。『トムとジェリー』『ひつじのショーン』などの海外アニメも紹介してきた。

 民放のアニメを購入してNHKで放送する例もいまにはじまったことではなく、「BS2」があった頃(1989年~2011年。テレビ放送の完全デジタル化に伴い、BShiと統合されBSプレミアムとなった)はより盛んだった。『蟲師』や『カウボーイビバップ』『巌窟王』なども放送されたことがあり、「1波減って、物理的にアニメを放送する機会は減ってしまっていた」と編成局・展開戦略推進部の柏木敦子チーフプロデューサーは話す。

 NHKで放送するアニメの選定基準について聞くと、「一番は、NHKでやる意味が見いだせるかどうかのテーマ性ですね。不適切な表現があった場合や編成上の都合で、NHK用に編集することもありますし、それを承諾してもらえるか、という問題も出てきます。男女双方をターゲットに、いろんな傾向の作品を放送してみて、視聴者のことを知りたいと考えています」(柏木氏)。








 昨年4月からBSPで放送中の『美少女戦士セーラームーン』(初放送は1992年~93年)は、「リアルタイムで観ていた世代が親になり、子どもといっしょに見てくれるのではないか」という期待どおりの反響があり、この4月から続編の『セーラームーンR』(同93~94年)の放送につながった。2013年にTOKYO MXやMBSで放送された『進撃の巨人』は残酷描写に配慮してBSPの土曜深夜に放送されているが、「20代男性が明らかに狙って観に来ている」のが顕著に現れているという。

 柏木氏は「深夜アニメは話題になった頃には後半、もしくは終わっているということがよくありますし、そもそも放送されていない地域だってあります。NHKなら全国放送ですし、良質な作品を埋もれさせず、多くの方に観ていただく機会を提供していきたい」と、NHKで放送する意義を語っていた。

 今月はBSPで、劇場版アニメーションの新作『君の名は。』(8月公開予定)を手がける新海誠監督の作品を特集。山崎まさよしの「One more time,One more chance」が印象的な07年発表の『秒速5センチメートル』(8日 後11:45~深0:48)、監督から脚本、美術までほぼ一人で作った02年のフルデジタル作品『ほしのこえ』(18日 後11:15~11:40)、13年発表の『言の葉の庭』(25日 後11:45~深0:31)を放送。








記事元
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160306/Oricon_2068041.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

視聴者を悪者にするのか!「めちゃイケ」メンバーの“公開リストラ”に批判殺到 [テレビ]

16a55f8f12fe6e0ae9bab60ace7ebf30685a903f_w=666_h=329_t=r_hs=f77dc597b088115bb507c395f9e4a876.jpg
 2月20日に放送されたバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)にて、2010年の「新メンバーオーディション」で合格した三中元克が、27日の放送で改めて番組のオーディションを受けることが発表された。残留するかどうかの合否は、テレビリモコンによる視聴者投票によって決められるという。

「今回の放送では、過去の三中が登場したVTRを振り返りながら、彼が現在、芸人の道を志していることを他の出演者に報告するシーンが放送されました。彼はこれまで事務所に所属せず素人扱いでしたが、今回、吉本入りが決定。そのことに対し、過去に『めちゃイケオーディション』で落選したダイノジ・大地洋輔が『プロならば、もう一度オーディションを受けろ』と異論を唱え、再オーディションが決まりました」(テレビ誌記者)

 すでにお笑いコンビを組んでいる三中は、次回の4時間SPにて漫才ネタを披露し、視聴者投票で合否を決定する。

 しかしこの発表に対し、視聴者からは「公開リストラだ」「視聴者を悪者にするつもりか!」「素人をレギュラーにしたのはフジテレビなんだから、そっちが責任を取るべき!」と批判が殺到している。

「今回の放送は、三中の印象を露骨に悪くして、不合格を後押しするかのような編集でした。三中といえば、加入当初は新鮮さもあり出演が多かったものの、徐々に出番は激減。しかし『めちゃイケ』といえば、昔から“仲間の絆”を前面に押し出しているため、むやみにメンバーをクビにすることができなかったのでしょう。そこでスタッフは、視聴者に責任を丸投げする形で、公開リストラを目論んだ可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

 すでに3月で打ち切りが決まっているとの報道もある「めちゃイケ」。仮に三中が合格したとしても、番組自体がリストラされる日は近そうだが‥‥。

記事元
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160222/Asagei_53266.html

フジテレビ「27時間テレビ」司会に”ウンナン”が浮上…その驚きの選考理由とは? [テレビ]

40409a86b0acb3d5f748af77ddcf4effb6dadd49_w=666_h=329_t=r_hs=cec6afc3c1c03badbb6fc9b0abb72b04.jpg

毎年7月下旬頃に放送される長時間特番「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)の総合司会が、お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」に内定した模様だと、週刊女性PRIMEなど一部メディアで報じられている。「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ、2002年3月終了)全盛期ならまだしも、なぜ今のタイミングなのか。微妙なキャスティングと選考理由が物議を醸している。

■司会抜擢の背景にあの天敵番組?

 今回、ウッチャンナンチャンのキャスティングがウワサされている27時間テレビ。内村が「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で、南原が「ヒルナンデス」(日本テレビ系)で活躍していることが選考理由の一つだという。

 昨年の27時間テレビは、平均視聴率が10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。かろうじて2ケタを死守したが、出演タレントの多さや大規模な企画の多さを鑑みれば、素人目にも費用対効果の悪さが目立った。一方、裏ではイッテQのスペシャル番組が放送された。イモトアヤコがマッキンリー登頂を成功させ、視聴率17.1%(同上)を奪取。「本気」をテーマにした27時間テレビが霞む、"ガチの本気"を見せつけて話題になった。

 南原がメインMCをつとめるヒルナンデスも、昼間平日に視聴率が10%超えすることもある天敵番組。フジテレビが同時間帯に展開するトーク番組「ライオンのごきげんよう」は低視聴率にあえぎ、3月に平日帯の放送を終了する憂き目にあっている。

 今回の27時間のキャスティングは、いわば敵から戦力を奪う格好だが、はたしてそれでうまくいくのだろうか。

 最近のフジテレビは、傍目にも低迷ぶりが目立つ。90年代の人気料理番組「料理の鉄人」を復活させた「アイアンシェフ」は早期打ち切り(料理番組に偏食家の玉木宏をキャスティングするなど当初から物議をかもした)、お昼の人気長寿番組の「笑っていいとも」も終了。

 低視聴率が叫ばれて久しい"めちゃイケ"こと「めちゃ×2イケてるッ!」も、そろそろ危ない。数々の名番組を自分たちの手でつまらなくしているフジに対し、怒りや"コレジャナイ感"を味わった視聴者は少なくないだろう。

 フリーアナウンサーの長谷川豊はかつて在籍したフジテレビ社内の風潮について、「05年ごろから、編成局幹部が他局のヒット番組の傾向だけを見て、トップダウンで『学園ものを何か作れ』『韓流を流せ』と言うようになった。ずれていると感じた(毎日新聞2月19日記事「フジテレビ視聴率低迷、どうした?」より)」と証言。フジテレビの安全思考がかなり透けて見える。

 また、松本人志が昨年8月に「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、27時間テレビについて言及した。「毎年やらないといけないのかな。休んでみてもいいのかな」と一度休憩することを提案しているのだが、どうやらフジテレビにはそのつもりはサラサラないようだ。

 27時間テレビの続行の方針はファンから不評で、司会が内村になりそうだということもあり、休業を宣言したベッキーを連想するファンも。まるで番組をバカにするように、27時間テレビでベッキーの"禊ぎの長距離マラソン"を期待する声も少なくない。

「10年以上前の絶頂期ならまだしも、このタイミングでウッチャンナンチャンをコンビでキャスティングするあたりに、現在のフジのセンスとチャレンジ精神の欠如を感じますね。おまけにどのジャンルの番組も、スポンサーの顔色をうかがって制作したのか、内容に違和感を覚えるものが多いです。社内スタッフは、ちゃんと視聴者を見て番組作りに取り組んでいるのでしょうか」(芸能関係者)

 上層部とスタッフの心変わりがないかぎり、今年の低迷はもはや決定事項か……? 


記事元
http://dailynewsonline.jp/article/1092524/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
テレビ ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。