So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

清原に続く“薬物疑惑”アスリート浮上! 「激ヤセに丸刈り」「ブログが不気味」のウワサ [スポーツ]

 清原和博の逮捕後に巻き起こった“芋づる逮捕報道”も落ち着きをみせているが、今月に入って突然「近々動きがありそうだ」といわれるようになった元アスリートが存在するという。現役引退後もたびたびメディアを賑わせるその人物だが、ネット上では「激ヤセ」で話題になったことも。あるメディア関係者は「すでに警察も行動を確認している」と話すが……。

 Xといえば、80~90年代の活躍ぶりから、国民的人気者となった超一流アスリート。現役引退後もスポーツ界に深く携わっており、メディアに登場する機会が多い人物だ。

「私生活では家族がらみのトラブルが相次ぎ、スポーツ紙やワイドショー、週刊誌にも幾度となく追いかけられている“お騒がせ者”。しかし、最も世間に衝撃を与えたのは“激ヤセ”かもしれません」(情報番組スタッフ)

 現役時代に比べ、あり得ないほど激ヤセしてしまったXだが、そのほかにも「目の焦点が定まっていない」「ブログが意味不明で、不気味」など、ネット上ではその言動にたびたび注目が集まっていた。

「つい最近も、近影が報じられた途端に、ネット上で『もはや別人』『病気じゃないの?』などと驚きの声が上がっていました」(同)

 そんなXの薬物疑惑は、今までメディアなどで大々的に取り上げられることはなかったが、ここ最近になって「捜査当局がXの覚せい剤使用に関して、目を光らせるようになった」という情報がマスコミ関係者の間で流れるようになったという。







「組対5課(警視庁組織犯罪対策部第五課)筋から『Xの周辺が騒がしくなる』という話が漏れ伝わってきたんです。かなり前から警察はXに目をつけていたようですが、頭を丸刈りにした頃から、本格的な内偵捜査が行われるようになったそう。これまで検挙された著名人でも、確かに激ヤセや激太りといった体形の変化があったり、薬物使用を調べるための毛髪鑑定対策として、極端に髪の毛を短くするという例は後を絶ちません」(週刊誌記者)

 仮にXが逮捕されれば、清原同様世間に衝撃が走ることは必至。芸能界だけでなく、スポーツ界にも広がる薬物汚染の連鎖は、果たしてどこへ行き着くのか?







記事元
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160403/Cyzowoman_201604_post_19501.html

高橋大輔が彼氏とホテルへ? 従業員らしき人物の暴露ツイート拡散で大騒動に! 気になる高橋の反応は? [スポーツ]

Tocana_201602_post_8911_1.jpg

一昨年10月に現役引退した男子フィギュアスケート・高橋大輔の禁断の情報がついに流出してしまった。高橋と言えば、ジャニーズ顔負けのルックスで引退後も不動の女性人気を誇る。その一方で、長らく囁かれてきたのがオネエ疑惑。現役時代は緊張の糸が切れると途端にオネエ言葉になり、取材陣を何度もザワつかせた。

「フィギュア界では広く知られた話で、浅田真央は某メディアの取材で高橋について『私たちと同じですから』と意味深に話していた。また、かつて交際のウワサがあった安藤美姫は高橋の素顔を知ってか、笑いながらネタにしていた」(フィギュア関係)

 そんななか、ある一般女性のツイートが波紋を広げている。今月11日、彼女の勤務先のホテルに高橋がやってきたそうで、「しかも男同志でダブルベッドのスイートルームだったんだけど!?!?ほ、、、、」(原文ママ)と暴露したのだ。

 すでに当該のツイートは削除されているが、ネット上では出所不明のラブラブツーショット写真までヒモ付けされた記事がアップされ、いわゆる「アッチ系じゃないか?」と大騒動となっている。

 すべての原因は顧客情報をダダ漏れさせたツイート主の女性で、高橋ファンは抗議するため、勤務先ホテルの特定を急いでいる。

「近年、話題のバカッターというやつですね。高橋さんのファンもうっすらオネエ疑惑のことは頭の片隅にあったはずですが、いざ証拠を突きつけられたら、それはそれでショックのようです」(女性誌記者)

 先日も新婚の山本耕史&堀北真希夫妻が不動産屋に立ち寄ったところ、そこの従業員が「今日仕事で堀北真希と山本耕史夫婦接客した。35万の物件紹介した」とツイート。同社は謝罪し、山本は芸能イベントで「ダメですよね」と苦言を呈した。同様の被害だけに、高橋サイドの今後の対応にも注目が集まるが…。

「驚くべきことに、高橋さんは怒り心頭ではなく、半ば既成事実化したことに喜んでいるという情報があります。むしろ『これで堂々と…』と開き直っているとか。引退後、米国留学したのも日本の差別文化に嫌気が差したためと言われていますからね。現時点で高橋サイドがコメントを出す予定はないそうです」(事情通)

 実はこうした考えは同じく疑惑が持たれる有名人に多く、「あのイケメン俳優も、ハスキーボイスの長身シンガーも早くカミングアウトして楽になりたいと思っている。それを長年、事務所が必死に止めている状況」(芸能関係者)という。誰が先陣を切るのか見ものだ。

記事元
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160216/Tocana_201602_post_8911.html

醜聞が止まらない?清原容疑者のバッシング報道を支える”5つの情報源” [スポーツ]

c8258a2272ed1f408afef876da88ee57ee4badc3_w=666_h=329_t=r_hs=985e8456b10b2053bebb825c12446604.jpg

塀の中に墜ちた“番長叩き”が止まらない。覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された清原和博容疑者(48)へのバッシング報道は、2週間たった今も燃え上がり続けている。

「売人告白『取引の際はキヨタ』と名乗っていた」(女性自身)
「土下座して薬物を懇願」(日刊現代)
「清原容疑者の自殺を想定 モニターで24時間監視か」(東スポ)
「覚せい剤を打った翌日にホームラン三本」(週刊ポスト)

 など、一部は真偽も定かとは言えない新情報が続々とメディアで報じられ、報道は加熱する一方だ。

■清原がジャニーズならこんなことは起きない?

 新情報が出る背景には、複雑にからみあった情報源が存在する。「清原関連の取材はネタ元が次々と現れて尽きない。情報源は、主に5つのルートがあります」と取材の内幕を語るのは、週刊誌記者だ。

「第一は警視庁。組織犯罪対策5課が小出しにしており、売人回りの情報はここから。清原の逮捕前の姿を各局が独自映像で納めていましたが、それも警視庁から『近々あるかも』とリークがあってのことでした。第二が清原と薬物をやりとりしていた当事者たち。元巨人の野村投手や、週刊誌からテレビまで取材を受けまくっている競馬関連会社の経営者。彼らのような“元のシャブ仲間”が裏切るあたりに清原の人望の無さが感じられます。清原は彼らに脅されていた、なんて話も出ているくらいですから。そして残り3つは銀座ホステス、“自称”暴力団員、六本木のサパークラブ関係者。トバシ気味の情報はたいていここから飛び込んできますね」

 ネームバリューのある清原が犯罪を起こしたため、報道が過熱するのは当然とは言える。ただし、今回はあまりに度が過ぎるとの指摘もある。

「本来なら、芸能事務所がメディアに対して鎮静化を図るのですが、今や清原は大手事務所に所属しているわけでもなく、芸能関係者からの信頼も消え失せてしまった。元スーパースターといえど、後ろ盾がなければ、メディアからはいくらでも叩いてもかまわない対象とみなされているのでしょう。極論ですが、清原がジャニーズ事務所だったらこんな事態は起きていないはずです」(前出・記者)

 かつてSMAPはメンバーから稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)という2人の逮捕者を出したが、マスコミ各社は容疑者ではなく“メンバー”と報じ、異例の対応をとった。たしかに今回の清原と比べ明らかに報道の温度差があったし、火消しも早かった。テレビ局など後追い報道をほとんどしていなかった。

「もし清原が大手事務所に所属していたら、『覚せい剤を打って三連続ホームランを打った』などというウワサ程度の報道はありえないでしょう。大手事務所ほど、真偽不明の飛ばし記事には厳重に抗議するし、訴訟も辞さない。さらに、下手に報道すれば、人気タレントを出してもらえなくなるのではないかと、メディア側が勝手に報道を自粛する。大手芸能事務所は、所属タレントを守ろうとしなくても、勝手にこうした作用が働くわけです」

 こうしてみると、後ろ盾の有無・大小が、芸能界で仕事をするうえで最も重要だということがわかる。

■大手芸能プロトップも激怒?復帰の道はあるのか

 清原自身もそのこと自体は重々わかっていたはずだ。実際、2014年「週刊文春」(文藝春秋)に薬物疑惑が初めて報じられた後、芸能関係の仕事が激減した。この状態をなんとかしようと、本人自ら、実力者で知られる大手芸能プロのトップ・K氏に頭を下げている。

「K氏は、清原の『薬は絶対にやっていない』という言葉を信じて、あえて彼の後ろ盾になることを決めたといいます。しかし今回の逮捕で、その恩人を裏切った。もう誰も、彼の面倒をみるような人はいないでしょう」(テレビ局関係者)

 まさに四面楚歌。この状況を見かねて、清原を知る元プロ野球選手はこう語った。

「これじゃあ、弱いものいじめと一緒ですよね。清原さんのおかげで今までおいしい思いをしてきたマスコミも多いはずです。さよならホームランを打てば一面を飾り、部数も伸びたでしょう。それをここまで叩くのはどうなんですかね。そろそろ、過剰な報道はやめにして、清原さんの今後を、みんなで考えてあげてもいいのではないでしょうか」

 連日のバッシング報道に、芸能活動再開の道も絶望的となった清原。彼の再起を祈るばかりだ──。


記事元
http://dailynewsonline.jp/article/1090921/

前園真聖が「共演NG」の人物名を暴露! サッカー界で嫌われる人物とは? [スポーツ]

Tocana_201501_post_5559_1.jpg

前園真聖のタレントとしての活躍が目覚ましい。

 1996年アトランタ五輪後に、国民的ヒーローになった前園だが、その後は輝くことができず。当時を知るライターは「あの世代のヒーローは小倉隆史だった。小倉は、ヒーローだけども、セルフプロデュースが出来ていて、彼がいることで同世代は落ち着いていた。その小倉が怪我をし、急に前園がヒーローになってしまった。そこから、おかしくなっていった」という。

 結局、前園は、その後は目覚ましい成績を残すことができず、引退。過去の知名度を使い、サッカー解説者として活動してきたのだが、大事件を起こしてしまう。2013年10月に、酒に酔ってタクシー運転手に暴行を加えた容疑で逮捕されてしまったのだ。『neo sports』(テレビ東京)など、レギュラー番組の出演自粛はもちろん、『JFAこころのプロジェクト』などサッカー関係の仕事も激減してしまう。

 そんな前園に救いの手を差し伸べたのが『ワイドナショー』(フジテレビ)だ。

 昨年6月8日に放送された『ワイドナショー』で、元々、二番手の存在だった前園の"イジられキャラ"をダウンタウンの松本人志が見抜き、前園のキャラが開花。ネットなどで「前園面白すぎる」と称賛の声を受けている。

 その前園に、共演NGがあったことを11日放送の『ワイドナショー』で自ら明かした。

「今は(なにも)ないですけど、現役時代は(遺恨が)あった」選手がいるらしい。
「僕が(横浜フリューゲルスから東京ヴェルディに)チームを移籍する時、当時の移籍金では高い方だったんで。あと、僕の振る舞いとかも気に入らなかったようで。僕がチームに入ったことで、(その選手が)レギュラー外されたりとかもあって。そういうのもあって、一年半くらいほとんど喋ったことがない。挨拶くらいしか。僕のことあんまり気に入ってないっていうのがわかるじゃないですか」

 と冷戦状態だったことを明かす。

 その人物とは、武田修宏だという。気さくそうな武田に、そんな一面があるのは意外だが、実際のところ、どうなのだろうか?

「当時の武田は大スターですから。前園が移籍してきて、ちやほやされているのが面白くない。しかも、前園世代は『俺らを日本代表にすれば勝てる』とも豪語していたので、そういうのも癇に障ったのでしょう。でも、レギュラー争いから遺恨が生まれるのはサッカー界では多いことで、武田が特別性格が悪いというのはありません。嫌われキャラでもないですしね」(スポーツ紙記者)

 ちなみに、上述の記者曰く、「サッカー界で嫌われるのは、引退後にビジネスで成功し、キャラが変わる選手ですね。Tとかは、あまり良く思われていません」とのことだ。

記事元
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150115/Tocana_201501_post_5559.html

<速報!>清原和博容疑者を覚せい剤取締法違反で逮捕 [スポーツ]

 警視庁は2日、元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)を覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した。

 ◆清原和博(きよはら・かずひろ)1967年(昭42)8月18日、大阪府岸和田市出身。PL学園で1年から4番を打ち、5季連続甲子園出場。85年ドラフト1位で西武入団。96年オフにFAで巨人移籍。05年オフに自由契約でオリックス移籍。08年限りで引退。通算成績は2338試合、2122安打、525本塁打、1530打点。現役時代は188センチ、104キロ。右投げ右打ち。

記事元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00000134-nksports-soci

“貪欲な王子様”羽生結弦が次に見せてくれる景色は「339点超え」!? [スポーツ]

img_2fedc462e6dd6bef836b05e850170cf7303043.jpg

 2015年末、フィギュアスケートの全日本選手権で4連覇を果たしたものの、世界歴代最高得点の更新とはならなかった羽生結弦選手。開幕前にはテレビ各局が、「もし満点をつけられたら339.44」などと計算していたが、残念ながら「皮算用」に終わった。

「全日本選手権では、羽生選手自身も納得のいかない演技でしたから、彼の闘魂に火が点きましたね。キス&クライで得点を聞いた後、コーチに『これでもっとハードに練習できる』と冗談まじりに言っていましたが、この雪辱をはらすために彼は死にものぐるいで3月の世界選手権に挑むでしょう」(スポーツ紙記者)

 全日本選手権の前には、「目標っていうのは欲みたいなものかもしれないけれど、欲のない人間なんていないんで、思いっきり欲を出して(臨みたい)」と言っていた羽生選手。今回の悔しさをバネに、世界選手権では貪欲な演技を見せてくれるに違いない。

「欲を出すということでいえば、これまで連戦の続いた試合の流れは全日本でいったん小休止します。世界選手権の3月まで、選手にとっては余裕のある調整ができますから、おそらく羽生選手もプログラムの難易度を上げてくるでしょう。そうなったら、最高得点は339点どころか、さらなる高みを目指せることになります」(前出・スポーツ紙記者)

 3月には、また異次元の景色をファンに見せてくれそうだ。

記事元:
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160107/Asajo_5570.html

【画像集】フィギュア 羽生結弦④ [スポーツ]

img_2fedc462e6dd6bef836b05e850170cf7303043.jpg


【画像集】フィギュア 羽生結弦④



動画にまとめてみました。



YouTube:
https://www.youtube.com/watch?v=mf_h0zgL8LM

不倫交際の末に妊娠、堕胎まで暴露された現役プロ野球選手とは――清田? [スポーツ]

プロ野球 ロッテ 清田育宏さん、不倫,堕胎!?

ちとひどすぎませんかね?


プロ野球選手を名指しし、不倫交際を暴露した女性のTwitterが話題となっている。

 問題のアカウントがツイートを開始したのは14日。この女性は既婚者Xとの不倫交際の末に、男性の子どもを妊娠、堕胎したと主張。彼とのラブラブLINE画像も多数アップし、ネット上で大炎上した。

 画像には「○○(女性の名前)大好きだよ」「おやすみ」というメッセージや、産まれてくる子どもの名前を考える様子など、かなり生々しいやり取りも載っている。

 だが、その後Xと連絡が取れなくなり、彼女が激高。男性について「おとつい別れた」「あいつとの子、妊娠してこっちも色々あんだよ」といった仰天情報を連日ツイートし、男性から届いたとする謝罪メッセージまで公開。18日には「妊娠して中絶されられてお金ももらってないし」と暴露した。

 野球担当記者は「男はパ・リーグ球団に所属する選手です。この件で球団から、事情聴取を受けていましたから(笑)」と話す。

 女性のTwitterアカウントは18日夕方に消滅したことから、何らかの金銭的な解決がなされたと推測できる。別の担当記者は「この手の女性トラブルは球界ではよくある話。ジャイアンツの主力選手も週刊誌でさんざん書かれましたからね。表立っては球団も処分しませんが、査定にはマイナス。球団側の常とう手段として、この選手もしれっとトレードに出される可能性は高いですね」と明かす。

 Xは親しいチームメイトに「あいつのせいで散々な目に遭った」とグチっているそうだが、自業自得としか言いようがない。




元記事:日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/2015/09/post_24092.html
タグ:野球 不倫 清田
nice!(0)  トラックバック(0) 

フィギュアの高橋大輔にゲイの噂が再燃! [スポーツ]

daisuketakahashi0814wb.jpg
高橋大輔公式インスタグラムより

以前にもゲイの噂はありましたが。。。。
フィギュアの高橋大輔

インスタグラムの写真は6月にニューヨークで開催された世界最大のゲイの祭典「NY・ゲイ・プライド・パレード」での写真。

 着ているTシャツにはよく見えないが「GAY O.K.」のロゴw。

高橋の隣には、友人という“フードファイター”小林尊の姿も確認できる。
ニューヨーク在住の男性は「小林さんは現地のゲイコミュニティーでもよく見かけます。高橋さんと一緒に寝ている姿を撮ったプライベート写真を見せてもらった人もいるみたいです。小林さんには奥さんもいるので、ソッチ系かどうか定かではありませんが……」と話す。

 テレビインタビュー中に、うっかりオネエ言葉が出てしまったことから、みるみる広まった高橋のゲイ疑惑。ただし、“ゲイの聖地”といわれる新宿二丁目での目撃談は聞いたことがなく、一連の疑惑はゲイたちの願望込みで広がった可能性も否定できない。

 フィギュア担当記者の1人は「彼は“関西専門”。マスコミの目もあり、二丁目には行かないようにしていて、ハメを外すときは決まって関西方面です」と語るが……。

ここまでくると、ほほ確定だと思いますが^^;

記事ネタ:日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/2015/09/post_24086.html?utm_source=nikkan&utm_medium=tab&utm_campaign=ctr

nice!(0)  トラックバック(0) 
スポーツ ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。