So-net無料ブログ作成
検索選択

「中居と木村を2人にするな」SMAPの冷え切った絆を関係者が暴露! [ジャニーズ]

3200ea3afd0589d54eb27a5bf01cfb227e33a70d_w=666_hs=b4e5c438b217c4e890dbf6738d8521a0.jpg
日本中が揺れたあのSMAP騒動からも間もなく半年が経過しようとしている。だが詳細はいまだメンバーの口からは語られないままだ。SMAPメンバーはどのような状況にあるのか。関係者に話を聞いた。

「基本は以前と同じです。収録現場ではメンバーに変わった様子は見受けられません」(テレビ局関係者)

 本人たちは以前と変わらない様子を見せているようだが、周囲のスタッフのほうがピリついているという。

「制作スタッフは中居正広さんと木村拓哉さんを、現場でふたりきりにしないように気を使っています。収録中は仕方ないにしても収録の合間などはカメラが止まった瞬間に、中居さんと木村さんそれぞれにスタッフが近づき、打ち合わせをしたり、雑談をしているんです。そうしないとふたりの間に無言の時間が流れるんですよ」(同)

 これは何も事務所や各メンバーから依頼を受けて行っていることではなく、スタッフが勝手に気を使っているだけのようだ。実際に無言であったとしてもふたりがピリついているのかどうかは現場のスタッフにもわからないという。

 このように、メンバー側には特に変わった様子はないものの、裏側ではマネージメントスタッフの変更によって面倒な事態が起こっているようだ。

「以前は飯島三智氏がチーフマネージャーを務め、メンバー個々に現場マネージャーがついていました。スケジュールは飯島氏やそのアシスタントが担当しており、現場の送り迎えなどは現場マネージャーというわかりやすい図式だったんですが、今は彼女が手がけていた仕事が細分化されて、面倒なんです」(番組関係者)

 細分化されればスムーズに進むような気もするが、そうではないらしい。







「現在は『テレビ担当』『ラジオ担当』『音楽担当』『雑誌担当』などとメディアごとにチーフマネージャーがいるんです。そのため、たとえばテレビ収録のスケジュールを聞きたい場合には『テレビ担当』のチーフマネージャーに聞くんですが、彼はそのほかの媒体のスケジュールを把握していないので、毎回わざわざほかのチーフマネージャーに確認するんです。そのため、返事が来るまでに今までの数倍の時間がかかっています」(同)

 これまでは飯島女史に話を振れば即座に出演の可否が戻ってきていたため、このリターンの遅さには各ジャンルのスタッフが困っているそうだ。

「担当者が変わったのは仕方がないにしても、せめて組織の形だけは従来のものに戻してほしいです。急いで制作スケジュールを出したいのになかなか決まらず、進行がズレ込むこともあるので」(同)

 こうした声は各現場から挙がっているというが、改善の兆しはないという。しかし、そこには事情があるようだ。

「飯島さんのようにSMAPのすべての仕事をひとりで取り仕切るチーフマネージャーを置いてしまうと、結局はそこに権力が集中して、同じことを繰り返されるのではないかというジャニーズ事務所側の不安があるのだと思います。そのため、ジャンルごとにチーフマネージャーを置いて、権力を分散化させているのでしょう」(番組関係者)

 今回の騒動の二の舞は避けたいという考えがそうさせているようだが、現場の悲鳴にはお構いなしというのが、いかにもジャニーズ事務所らしいともいえる。
リンク元
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160717/Tocana_201607_post_10339.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。