So-net無料ブログ作成
検索選択

たかみなのメッセージが意味深?AKB48で”卒業ラッシュ”が止まらないワケ [芸能]

34128_original.jpg
 国民的アイドルグループAKB48で初代総監督を務めた高橋みなみ(24)の卒業コンサート『祝 高橋みなみ卒業 “148.5cmが見た夢”』が27日、横浜スタジアムで行われた。ステージ上には前田敦子(24)や大島優子(27)らOGメンバーも駆けつけ、会場は大いに盛り上がった。高橋みなみはAKB48を卒業後、ソロ歌手として活動すると宣言しているが、それを不安視する関係も少なくない。

■篠田麻里子、板野友美でも大苦戦の現実

 卒業コンサートには、幕開けからいきなり前田がサプライズ登場した。AKB48創成期から苦楽を共にした2人は泣きながら1曲目をデュエットした。その後、大島が現れたかと思うと続いOGの板野友美(24)、篠田麻里子(30)らかつての”元祖神7(セブン)”も集結。グループを支え続けた高橋の門出を、懐かしい面々で盛り上げていた。

「歴代の人気メンバー大集合とあって、会場のファンが喜ぶのは当然。しかし、OGたちの卒業後は苦戦が続いている。前田と大島は女優として活動しているが、どちらも結果を残せていない。歌手路線の板野はCDをリリースしても話題にさえならず、ショッピングモールのドサ回りが中心という転落ぶり。篠田に至っては2010年からレギュラー出演していた『PON!』(日本テレビ系)もこの3月で卒業と寂しい限り。高橋もソロ歌手として活動していくようですが、果たして先輩OGのジンクスを覆すことができるのか。先行きは不安でいっぱいです」(芸能プロダクション関係者)

 OGが苦戦している状況を理解しながらも、グループを卒業するメンバーは相次いでいる。SNH48とSKE48を兼任してきた宮澤佐江(25)が今月末に卒業公演を行う予定だ。また、NMB48を支えてきた渡辺美優紀(22)の卒業は既定路線となっている。昨年も川栄李奈(21)を含む11名もの”卒業ラッシュ”が続いたが、最近目立つのは「若手の有望株」がなんの躊躇もなく、突然卒業してしまうこと。その裏にはある問題がAKB48グループ全体に横たわっているようなのだ。

■メンバーに”卒業”を決意させる複雑な心理

 卒業後は苦戦が予想されるにも関わらず、国民的アイドルという立場をあっさりと捨ててしまうAKB48メンバー。そこには彼女たちが抱える葛藤があるという。

「卒業ラッシュの背景には、メンバーのあいだに深刻な運営不信がある。とくにここ数年の若手には、『どんなに劇場や握手会で頑張っても、運営側から推されないと目立てない』という思いが強く、推される基準もわからず腐ってしまう傾向にあります。また、明らかにやる気のない島崎遥香(21)が猛プッシュされていたり、バラエティ班の指原莉乃(23)が無条件に推されている現状に不満も多い。いつしか、自分の将来について真剣な子ほど『ここにいても輝けない』と考えるようになり、自ら卒業を選ぶという悪い流れが続いています」(レコード会社関係者)

 高橋もそんな思いからか、2011年の選抜総選挙から「努力は必ず報われる」と言い続けており、卒業コンサートでも「私、高橋みなみは『努力は必ず報われる』ことを卒業したこの先、必ず証明します」と誓っている。これは、理不尽な世界で頑張る後輩たちへのメッセージなのかもしれない。ファンのみならずAKB48メンバーに勇気を与えるためにも、たかみなの今後の活躍を祈りたいところだ。







記事元
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160328-87053240-dailynewsq
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。