So-net無料ブログ作成
検索選択

しこり残るSMAP騒動 メンバーの“苦悩と違和感”いつまで続く [ジャニーズ]

3200ea3afd0589d54eb27a5bf01cfb227e33a70d_w=666_hs=b4e5c438b217c4e890dbf6738d8521a0.jpg
テレビ公開謝罪会見から間もなく2カ月が経つSMAP。その後の動向はあまり聞こえてこないが、会見を行った5人の冠番組「スマスマ」(フジ系)は、皮肉なことに視聴率が落ちていると伝えられていた。

「画面からもメンバー間のギクシャク感が出ている」という理由もそのひとつ。嵐の仲の良さとは確かに対照的に映る。番組打ち切り説も囁かれていたが、フジは4月以降の「継続」を発表。とりあえず安泰となったが、9月の事務所とメンバーの契約更改が終わるまでは、グループとしての活動は予断を許さないとの見方も依然とある。

 SMAPはジャニーズ事務所の中でも「別会社」と呼ばれ、他のグループとの交流も少なく、メンバー同士もさほど仲良くなかったと聞く。そこに「独立・解散」騒動が勃発。独立に向かい動きだした中居正広ら4人と、残留意向の木村拓哉の対立構図が生まれた。局を揺るがすような騒ぎとなり、中居らが事務所幹部らに謝罪して元のさやに収まった。

 以後、「絆」を取り戻したと伝えられる一方で、一部の週刊誌は中居が飲み屋で友人に漏らした「愚痴」を報じていた。いわく「俺さ、このまま干されるのかなあ」「なんか、納得いかないんだよねー」。

 世間も「公開謝罪は会社のパワハラ」と“放送倫理・番組向上機構”に抗議する人が多数いた。SMAP騒動は会見の後も余震が続き、再び表面化する可能性を秘めているようにも見える。以前、芸能関係者から興味深い話を聞いた。

「ジャニーズはある種のアイドル学校。在籍中に芸能を学び身に着け、“人気”という大きな武器も得て卒業。初めて一本立ちして芸能活動に入る」

 AKB48はまるでジャニーズから学んだように堂々と「卒業」という形を取っている。中居らは自分自身で卒業を考えた結果の独立画策だったはず。もともと、メンバー個々の活動が活発。仕事も人気も安定している。年齢的に見ても“アイドル”という鎧を取るほうが自然。愚痴に象徴されるように中居らの苦悩は今も続いているように思える。








記事元
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160310-03929637-a_aaac
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。