So-net無料ブログ作成
検索選択

元夫・SAMの再婚報道対応から浮上した、安室奈美恵の“電撃再婚”説を追う [芸能]

f5279b9cb3f343.jpg

歌手の安室奈美恵の全国ツアーが9月5日、開幕した。各スポーツ紙などが報じたところによると、安室は通常のコンサート通り、余計なMCを極力省き、パフォーマンスのみでファンを満足させたというが、周辺関係者はピリピリムードだったという。

「各メディアがコンサートのことを報じる際、8月末、20代の女性とのデキちゃった再婚が発覚した元夫でTRFのSAMの話題について、所属レコード会社から『安室のニュースを報じる際には、まったく触れないでほしい』とお達しがあった。どうやら安室本人が、かなり気にしているらしく、周囲が必要以上に気を揉んでいる」(芸能デスク)

 一方のSAMは、再婚報道後、初の公の場となったTRFのライブイベントでも再婚についてまったく触れず、「報道に際して、所属レコード会社から『安室のことには触れないでほしい』とお達しがあった。安室とTRFは同じレコード会社なので、余計に周囲が神経質になっている」(同)。

 一体、なぜSAMの再婚に対して、あまり“祝福ムード”が漂っていないのか?

「02年の離婚時、長男の親権はSAM、養育権は安室が持ったが、後に、安室が裁判所に申し立て、調停で親権を取り戻した。しかし、その後もSAMは長男と頻繁に会うなど“父親”としての役割を果たし、ほかの女性からかなりモテたものの、再婚の意向はなかった。ところが、ここにきて再婚し、子どもまでできてしまっただけに、一番ショックを受けたのは安室とSAMの間に生まれた長男だっただろう。SAMも再婚に踏み切るには、相当後ろ髪を引かれたはず」(レコード会社関係者)

 一方で、安室といえば、長年所属した事務所からの独立騒動の“黒幕”とされた音楽関係者とは“男女の仲”と、もっぱらのウワサだったが……。

「その関係者とは、いいビジネスパートナーで、安室のツアーに帯同している。SAMが結婚したことで、『安室も、けじめをつけるのでは』といわれている。つまり、再婚説が浮上しており、そのタイミングは来年2月のツアー終了のタイミングでは」(週刊誌記者)

 今後は、安室のプライベートが注目されそうだ。

元記事:日刊サイゾー
.http://www.cyzo.com/2015/10/post_24203.html?utm_source=nikkan&utm_medium=tab&utm_campaign=ctr

タグ:安室奈美恵
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。